福はそと
FC2ブログ

自分の星座が間違っている!?

みなさんこんにちは!
みなさんは星座占いは好きですか?
好きな人も興味のない人も自分の星座は知っていると思います
ですが…実は86%もの人たちが本来の自分の星座を間違って認識しているのだということが最近分かってきました

その理由は簡単です

およそ2500年前に占星術師たちが星座を発見した当時、発見された星座はすべて当時の星空にあるものでした。
しかし、地球の軌道や天体の状況は常に変化しており、地球と天がどちらもが動き続けた結果、私たちが現在見ている空は2500年前のものとは全く違うものとなっているのです。この結果、現在の星座は本来の空からおよそ1か月のズレを生じてしまっています。
そして今では12星座が当たり前ですが実は13番目の星座があるのをご存知ですか?
13番目の星座は「へびつかい座」なのですが、恐らく昔の占星術師たちは、空を30度ずつ12に分割しようと考えた際、あえてへびつかい座を除外したと考えられています。

さて、驚きの事実を知ったところで、本来の自分の星座を知るための星座カレンダーを見てみましょう

12月19日~1月20日:いて座

1月21日~2月16日:やぎ座

2月17日~3月12日:みずがめ座

3月13日~4月18日:うお座

4月19日~5月14日:おひつじ座

5月15日~6月21日:おうし座

6月22日~7月20日:ふたご座

7月21日~8月10日:かに座

8月11日~9月16日:しし座

9月17日~10月31日:おとめ座

11月1日~11月24日:てんびん座

11月25日~11月29日:さそり座

11月30日~12月18日:へびつかい座



いかがでしたか?
みなさんは何座でしたか?
これを期に星座占いを改めて見てみるのも面白いですね

time4_yoru.png

2019-03-18 : ●ブログ記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

お風呂の入り方

みなさん、こんにちは。

3月になりましたね。早いものです…。
年度末にむけて少し忙しくなるこの時期、お風呂に入って1日の疲れをとる方も多いのではないでしょうか。
みなさんは効果的なお風呂の入り方ってご存知ですか?

もっとも重要なのは「湯船に浸かること」です。
残念なことにシャワーだけでは健康効果はほとんどありません。
どうしても湯船にお湯をはることができないときは、お湯をためた洗面器で足湯(温度は少し熱め43℃くらいに)をしながらシャワーを浴びると疲れがとれやすくなります。

それでは、お風呂に入る順番をみていきましょう。

①コップ一杯の水を飲む
お風呂に入るとたくさん汗をかきます。
水分補給をしないまま入浴すると脱水症状、脳卒中や心筋梗塞の危険もあります。
体に水分が廻るよう入浴の15分前くらいを目安に水分補給をしておきましょう。(ミネラルたっぷりの麦茶もおすすめです!)

②脱衣所を温めて、浴室は蒸気をたたせておく。
急な温度差は体に負担がかかります。ヒートショック防止のためにも脱衣所と浴室の温度差を少なくしておきましょう。

③メイクを落とす
メイクが毛穴に詰まった状態で入浴すると毛穴が詰まって老廃物が出にくくなります。

④かけ湯をして湯船につかる ※
心臓から遠いの順番(足→下半身→上半身)でかけ湯をして浸かるようにしましょう。
5分くらいが目安です。
※温泉や銭湯などでは、体を洗ってから入るように注意事項が書かれている場合があります。その際は、そちらを守ってくださいね。

⑤頭を洗う
体についたシャンプーやトリートメントを洗い流せるよう先に頭を洗いましょう。

⑥体を洗う
心臓に遠い順番で優しく洗います。
石鹸は皮脂線の多い場所(頭部・顔・陰部・背中の上部、足の指の間や脇の下など)を中心に使用しましょう。
たいていの汚れや脂は、温かいお湯だけで流れますので、ゴシゴシこすらないように気をつけましょう。

⑦顔を洗う
泡で優しく洗いましょう。すすぎはぬるま湯がおすすめです。

⑧湯船につかる
お湯の温度は1℃の違いで体に与える効果が変わります。目的に合わせて温度や時間を調節してください。
健康効果という点においては全身浴をおすすめしますが、全身浴で息苦しく感じる場合等は医師と相談してくださいね。

<微温浴>
37℃~39℃程度のお湯。「副交感神経」に作用するので、リラックスしたい場合に最適。入浴時間は20分程度。

<温浴>
39℃~42℃程度のお湯。血液の循環がよくなり新陳代謝もアップします。
疲れをとりたい場合は、40℃のお湯に浸かることをおすすめします。
入浴時間は10~15分程度。

<高温浴>
42℃~45℃程度のお湯。「交感神経」が活発になるので、気分をスッキリさせたい、やる気がでないときなどに最適。
ただし乾燥肌にはNGです。入浴時間は3~5分程度。

⑨保湿する
入浴後10分が保湿のゴールデンタイムです。化粧水やクリームなどでケアしましょう。
ただし、温熱効果を逃さない為にも、裸でのんびりするのは厳禁です。

⑩コップ一杯の水を飲む
脱水症状を防ぐために、お風呂上がりにも水分補給を忘れないようにしましょう。

お風呂で疲労回復効果をアップさせましょうね!♪(/・ω・)/ ♪

ofuro_nyuyokuzai_woman.png

2019-03-04 : ●ブログ記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

思い込みにすぎない衛星観念

みなさんこんにちは。
まだまだ風邪が流行る時期ですね
みなさんは風邪予防のためにどういったことをしていますか?
除菌・殺菌効果のある衛生用品や掃除用品を使ったり、マスクをして外出したりと様々だと思いますが
それでもやはり風邪をひいてしまうことってあると思います
実はその「清潔で衛生的な生活」は思い込みにすぎないかもしれません
少し見てみましょう!


1. 「殺菌すれば衛生的」

日常的な殺菌剤などの消毒薬の使用は人体に良い影響をもたらさないことがわかっています。
ドイツの政府機関、連邦リスク評価研究所は「消毒薬は病院でのみ使用するべきであって、家庭では使用するべきではない」との声明を出しているほど。消毒薬は環境を汚染するだけでなく、耐性のある病原菌蔓延の可能性を高め、皮膚を健康に保つ常在菌を殺し、雑菌やウイルスなどへの抵抗を弱めているのです。

人間にとって、雑菌がほどよくいる状態が通常なので、雑菌のいない環境を作るのは病気のリスクを高めてしまいます。家はこまめに掃除をし、帰宅した時などの手洗いを確実にする方が清潔で健康的な暮らしができるでしょう。

2. 「ハンドドライヤーはペーパータオルよりも清潔」

ここ数年、ハンドドライヤーはトイレのいたるところに細菌をばらまいているという研究結果が明らかになっています。ハンドドライヤーの中は温かく湿っていて、雑菌が増殖するのにもってこいの環境。しかもハンドドライヤー内部で増殖した細菌は、温風とともに洗ったばかりの手に付着し、さらにトイレ中に飛び散るのです。

3. 「お湯で洗った方が清潔」

一般的な掃除用洗剤は水で洗うことを想定されて作られています。お湯と混ぜると、洗浄効果を失ってしまうものもあるのです。特に除菌に優れた効果を発揮するアルコール系の洗浄剤は、お湯で蒸発してしまいます。

4. 「石鹸は殺菌してくれる」

石鹸は雑菌を殺すことはありませんが、完全に洗い流してくれます。液体石鹸で30秒手洗いすれば、手に付着した雑菌の99.9%が洗い流されることがわかっています。

5. 「凍らせれば雑菌も死ぬ」

雑菌やウイルスなどは−18℃で冬眠モードに入ります。でも温度が元にもどれば、春を待ちわびた生き物のように再び増殖を始めます

6. 「キッチン用品はプラスチックの方が木製のものよりも安全」

木のまな板とプラスチック製のまな板では衛生的にはほとんど差はありません。それぞれ表面の最近数を調べたらところ、ほとんど違いがなかったという研究もあります。大切なのは、木製、プラスチック製どちらもこまめな洗浄と、肉・魚類と生で食べる野菜類用のまな板の使い分けです。そして毎日必ず風通しの良いところで乾燥させて、雑菌の増殖リスクを減らしましょう。

7. 「ペットは免疫システムを強化してくれる」

ペットは家族の一員。抱っこしたり、顔を舐められるのも抵抗ないという人がほとんどでしょう。きれいにしすぎは免疫システムを弱体化させてしまうというなら、ペットとの生活は問題ないはず!でも実際は、それほど単純ではないのです。ペットは病原菌や感染症を引き起こす原虫などの中間宿主となることがあるのです。

例えば、日本では成人の10%前後がトキソプラズマ症に感染していると言われています。これは猫を介して人間に感染、乳幼児など免疫機能が低下している人では危険な病気です。特に危険なのは妊婦が感染した場合、胎児にも感染してしまう点でしょう。

医師の観点からしてみれば、どんなに愛していてもペットとのキス、ペットに顔を舐めさせるのは厳禁。ペットの排泄物はすぐに処理し、抱っこしたり撫でたりした後は、石鹸でよく手を洗うことが大切です。この点を守っていれば、基本的にはペットとの生活も問題ないはずです。

8. 「マスクをつけて風邪予防」

海外の人が日本に来て驚くことのひとつが、みんながマスクをつけていること。すでに風邪をひいていて、他人にうつさないようにするエチケットとしてはマスクは効果的ですが、予防のための効果は期待できません。

風邪のウイルスはマスクの網目よりもずっと小さく、ウイルス自体の侵入をマスクで防ぐことはできません。しかし、ウイルスを含んだ水分の「飛沫」はマスクに引っかかるので、感染した本人が飛沫を飛ばさないためには有効なのです。

風邪予防に一番効果があるのは、なんと言っても手洗い。外出先で口や目を手で触らないようにすることも重要です。


いかがでしたか?
わたしたちが生活していく上で重要な働きをしている常在菌は抗菌・殺菌・除菌といった商品によって殺されてしまうということも頭にいれ、こまめにうがい・手洗いをしましょう
健康的な生活を送るために一度基本に戻るということも重要ですね
2019-02-18 : ●ブログ記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

2月になりました!

みなさん、こんにちは

2月に入り、寒かったり少し暖かかったりと不安定な気温が続いていますが、みなさんは風邪などひかれていませんか?
今年はインフルエンザが大流行していて、各地で学級閉鎖が起きているようですね

インフルエンザになると約1週間は外出を控えなくてはならないだけでなく、38℃以上の発熱や関節痛、倦怠感などの症状で心身共にとても疲弊してしまいます。
まだまだ流行は続きそうですが、できればインフルエンザにかかりたくありませんよね

インフルエンザを予防するには日常生活から気を付けることが大切です。
インフルエンザウイルスの感染は、せきやくしゃみによる飛沫や接触によってウイルスが体内に入ることで起こります。そこで、普段からウイルスが体内に入るのを防ぐようにしましょう!

飛沫感染……感染している人の咳・くしゃみにより発生した飛沫を吸い込む
接触感染……感染した人が触った直後のドアノブなどに触り、そのまま目、鼻、口に触る

予防法

・普段から健康管理をし、十分に栄養と睡眠を取って抵抗力を高めておきましょう
・外出後は手洗いうがいを心がけましょう
(食事の前も手を洗う、アルコールを含んだ消毒液で手を消毒するのも効果的です)
・部屋(室内)の湿度は50~60%を維持し、乾燥を防ぐ
(加湿器の利用や、濡らしたタオルを干しておきましょう)
・人がたくさん集まる場所に行くのは控える
・マスクを活用する
・咳エチケットを行いましょう

咳エチケットとは
インフルエンザの感染を予防するための「咳エチケット」とは、咳やくしゃみに含まれているかもしれない病原体(感染の原因物質)が、周囲に飛び散らないように気をつけることです。

咳やくしゃみをするときに気をつけること
→他の人から顔をそらしましょう。
→ティッシュなどで口と鼻を覆い、使用後のティッシュは捨てましょう。
→咳、くしゃみが出ている間は積極的にマスクを着用しましょう。

春が来るまでもう少し、体調に気を付けて寒い冬を乗り越えましょう+.(*'v`*)+

mask_animal_usagi.png


2019-02-04 : ●ブログ記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

大寒

みなさん、こんにちは。

大寒の時期に入り、ここからますます寒さが増していきますが体調等崩されていませんか?
そもそも大寒とは毎年1月20日頃、もしくはそこから立春までの期間を指す、一年のなかで最も寒い時期となっています。

『大寒』には冷気極まり、最も寒さがつのる時期という意味があります。
それだけにその寒さを利用して味噌や醤油、日本酒などの長期保存の必要なこれらの仕込みが始まる時期でもあります。
気温の低いこの時期の水は雑菌が少なく、大寒の朝の水は1年間腐らないとされているため、その水を使うそうです。

また毎年、氷点下の気温のもと、薄着もしくはふんどし一丁で川や海に入る寒稽古や寒修行と呼ばれる神事も行われますが、これは極寒に耐えうる強靭な肉体を養うだけが目的ではなく、自分を限界まで追い込むことでいかなる苦境にも耐えられる強い精神力を養うことが目的だと言われています。

しかしながら大寒だからといって、個人で海へ入ったり冷水を浴びたりする行為は、時として命を危険に晒しかねませんので止めておきましょう。

春の温かさが待ち遠しくもありますが油断せず、日々を過ごしていきましょう!+゚。*(*´∀`*)*。゚+

samui_man_hokkairo.png
2019-01-21 : ●ブログ記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール


福はそと

Author:福はそと

検索フォーム