福はそと

この時期だから見れる美しさ

みなさん、こんにちは!
5月も後半に入り、大分涼しくなってきましたね!
「むしろ暑い!!」「ジメジメしてて嫌だ…」といった声も多く聞こえてきそうですが、そんな時期だからこそ、そしてそんな時期にしか楽しめない花『アジサイ』について今日はお話をさせていただきたいと思います。

そもそも『アジサイ』は6月上旬から7月にかけて咲く原産地を日本とする花で、日数とともに水色青紫赤紫(ピンク)と、その色を変えていく観賞用としてはうってつけの花でもあります。

広く目にする形としてあるブーケ状の華やかな印象を与えるものを「手まり咲き」といい、これはヨーロッパで品種改良されたセイヨウアジサイと呼ばれるものです。
片やセイヨウアジサイのようなボリュームや華やかさはありませんが、中央の花を囲むようにして咲く、和の佇まいを魅せるものを「額咲き」といい、こちらが日本にもともとあったアジサイの形となります。

花言葉は「移り気」とされ、それまでは浮気をイメージさせることから結婚式や贈り物などでは避けられてきましたが、最近では「家族団欒」や「家族の結びつき」、「辛抱強い愛情」などの花言葉が広まってきました。

またその色によっても花言葉を変えるアジサイは、
から青紫であれば「冷淡」「無情」「高慢」「あなたは美しいが冷淡だ」など、少々冷たさを思わせるようですが、梅雨の頃の長い雨にも耐え忍ぶ美しい姿を表わし、
ピンクから赤紫であれば「元気な女性」と、ヨーロッパでよく見られる赤みのアジサイらしい暖色の元気なイメージと、ヨーロッパの快適な気候をイメージさせる花言葉になっています。

他にも、白色であれば広く優しい心といったイメージの「寛容」、日本にもともとあるアジサイの原種である青色のガクアジサイは「謙虚」といった、さまざまな花言葉があります。

これからの時期、京都であれば宇治市の菟道にある三室戸寺のアジサイ園がオススメです。
毎年、素敵なハート型のアジサイが出現するらしく、携帯電話やスマートフォンの待受画面にすれば、御利益で恋愛成就を叶えくれるとか…(。>ω<。)♡♡

雨音に耳を澄ませながら、ぶらりと足を運んでみてはいかがでしょうか?

flower_gaku_ajisai.png




2018-05-17 : ●ブログ記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

平成最後の365日

みなさん、こんにちは!

GWはどのように過ごされたでしょうか?
比較的お天気で過ごしやすい連休だったように思います(*’U`*)
ですが、どんなに長いお休みであっても、最後の1日になるとなんだか物寂しい気持ちになったりしますよね(ノ_<)

最後の…というと、今話題になっているのが2019年4月30日の天皇陛下の退位と5月1日の皇太子さまの即位による、元号の移り変わりですね!
来年の5月1日からは新しい元号となるため、平成は次の4月30日までとなります。
新しい元号はまだ公表されていませんが、来年の発表となるようですよ(*´v`)

平成最後のGWが終わり、これから、最後の夏秋冬、そしてまた春がやってきます。
元号が変わるからといって、私たちの生活に大きな変化があるわけではありませんが、あと1年だと思うとなぜか感慨深いものです
せっかくの機会ですので、平成が終わるまでにやりたいことや目標を立ててみるのはいかがでしょうか?
どんなに小さなことでもいいので何かを成し遂げることができれば、その経験は必ず自分の糧になります(*≧∪≦)

1日1日を大切に…この1年を悔いのないように過ごしてみてくださいね
2018-05-08 : ●ブログ記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

気候の変化による頭痛にご注意を!

みなさん、こんにちは!

もうすぐ、待ちに待ったゴールデンウィークですね。
予定が決まっていらっしゃる方も、これから予定を立てるという方も、素敵なゴールデンウィークが過ごせますように、体調管理にご注意いただきたいところですが、最近急に暑くなったり涼しくなったりと、気温や気圧の変化が激しいですよね。

そこで今日は、『気温や気圧の変化による頭痛』についてお話をさせていただきたいと思います。

私自身どうやらそういった気候の変化に弱いらしく、最近ちょこちょこ片頭痛に悩まされております。
頭痛は、慢性的に起こる『片頭痛』や『緊張型頭痛』などの一次性頭痛と、『くも膜下出血』や『脳腫瘍』が疑われる二次性頭痛といった、大きくは二つに分けられているようです。

その中でも『片頭痛』は季節の変わり目に頻繁に起こりやすく、主にこめかみから目のあたりが脈打つようにズキンズキンと痛み、月に1~2回や週に1~2回の頻度で発作的に起こることが特徴です。
痛みだすと4時間から、長くなるときは2~3日続き、ひどいときには寝込んでしまったり、仕事に手がつかなくなるなど、日常生活に支障をきたすこともあります。また吐き気や嘔吐を伴うこともあり、光や音、においに対して過敏になり、痛み以外の症状があらわれることもあります。

頭痛の主な要因としては、長時間の同じ姿勢の作業や蛍光灯などの明るい光や騒音、香水の匂いなどの刺激などが挙げられます。また熱いシャワーを浴びたり、身体を冷やしたりといった温度差にも注意が必要です。いつもより多く眠ったり、いつも摂っている朝食を抜いたりすると血糖値が低下し、血管の拡張が進んでしまうので、生活リズムを一定に保つことも大切です。

また食べ物は血管や筋肉、神経などの緊張と弛緩のバランスを保つマグネシウムやビタミンB2を含む、ひじき、アーモンド、豚肉、牛乳などがオススメです。逆に、ポリフェノールやチラミンといったものを含む、チョコレート、チーズ、みかんなどの柑橘類は血管の拡張や血行を良くする働きがあるため、過剰な摂取は控えましょう。

もし片頭痛が起きたときは、痛む部分に冷やしたタオルや保冷剤を押し当てたり、指で軽く圧迫すると痛みがやわらぎますよ。
また、照明を消した静かな部屋で横になるのも良い対処法です。

せっかくの長期休みです。
頭痛などに悩まされずに、活き活きと充実したGWにしましょう!ヾ(o´∀`o)ノ
2018-04-24 : ●ブログ記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

桜開花宣言!!

みなさん、こんにちは

暖かかったり寒かったりと不安定な気温が続いていますが、街を彩る桜を見ると春の訪れを感じますね。
今年は例年より早く桜が見ごろを迎え、今では葉桜となっている桜の木も多いですが、みなさんは、今年はお花見をされましたか?
お花見といえばもちろんですが、同じ時期に咲く梅と桃も桜によく似ているため、これは桜?梅?桃?と迷う事もありますよね…

よく似てはいますが、実はそれぞれ違いがあるんですよ!(´∀`*)

1、花びらの形
…先端が割れている
…先端がとがっている
…先端が丸い

2、花の付き方
…枝から長く伸びた3~5本の茎(花柄)に、それぞれ花が咲く
…枝から伸びる花柄が短く、枝から直接咲いているように見える
…枝から直接咲いている

3、樹木
…濃い茶色のツルッとした幹にはっきりした横縞模様
…幹の色が白っぽい
…幹がゴツゴツとして荒れた印象

4、葉
…品種によって花が先のものと葉が先のものがある
…開花と共に葉がでる
…花の開花が終わってから葉がでる

5、咲く時期(品種と地域によって異なります)
…3月下旬~4月中旬
…2月下旬~3月下旬
…1月下旬~3月上旬

・花も葉もあるが、花がたくさん咲いていて葉が見えない・あるいはないなら
・花も葉もあって、白っぽい枝に花が咲いているなら
・花だけで葉がなく、ゴツゴツした枝から直接花が咲いているなら

と覚えるとわかりやすいですよ+.(*'v`*)+

お出かけの際は、是非それぞれの花の違いを楽しんでみてくださいね
securedownload11_2018041015003714a.jpg
2018-04-10 : ●ブログ記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

今年のイースターは4月1日!!

みなさん、こんにちは!
もうすぐ4月に入りますが、4月といえば…

そう、『イースター』です!!

…と声を大にして言えるほど、実のところ『イースター』は日本ではあまり馴染みのあるイベントではありません。



「聞いたことはあるけど、よくは知らない」
「タマゴとかウサギとか、たしかそんな感じの…」



そこで今回は、4月のイベント『イースター』について少しご紹介をしたいと思います!!



①.そもそも『イースター』って、なに?
日本ではまだあまり広まっていない『イースター』ですが、キリスト教圏の国ではキリストの誕生日を祝う『クリスマス』よりも大事なイベントとされています。そもそも『イースター』とは、十字架にかけられて亡くなったキリストがその3日目に復活したことを祝う「復活祭」のことを言います。宗教的にもとても意味のある日で、イースターを祝って学校が数週間休みになる国もあるそうですよ。ちなみにイースターという名前の由来は、ゲルマン神話の春の女神「Estore」からきているという説があります。


②.『イースター』って、いつ?
毎年ハロウィンは10月31日、クリスマスは12月31日と決まっていますが、イースターは日にちが決まっていません。決められているのは、「春分の日の後の、最初の満月の次の日曜日」ということで、つまり今年のイースターは4月1日ということになります。


③.『タマゴ』と『ウサギ』はどんな関係が?
ハロウィンのシンボルが『かぼちゃ』、クリスマスのシンボルが『クリスマスツリー』であるように、イースターにもシンボルがあります。それが『イースターエッグ』と『イースターバニー』です。
タマゴは生命のはじまりの象徴であり、殻のなかにいる時間を経て、それを割って生まれてくる様子がキリストの復活を表わしていおり、ウサギは多産であることから、豊穣や繁栄のシンボルとされていることがもとになっているようです。


④.『イースター』の楽しみ方って?
ここからはイースターで楽しめる遊びについてご紹介します!!

遊び その1:
様々な色でタマゴに絵を描いたり色を塗ったりして、自分だけのイースターエッグを作りましょう!

遊び その2:デコレーション
家のなかだけでなく庭など、イースターエッグやイースターバニーで可愛く飾りつけましょう!春の訪れを祝って、明るくデコレーション!!

遊び その3:イースターエッグロール
イースターエッグを割らないようにスプーンで転がしつつ、ゴールまで走る遊びです。イースターを象徴する遊びでもあります。

遊び その4:イースターエッグハント
イースターエッグを庭や公園などに隠して、探し出す遊びです。



もちろんこの他にもイースターの飾りをつけた帽子をかぶり、仮装して街をパレードしたり、春の食材を使った料理やタマゴやウサギをかたどったケーキを焼いたりなど、様々なお祝いの仕方があります。

今年はみなさんも4月1日の日曜日をイースターでご家族や友人、恋人と楽しんでみませんか?


message_happy_easter.png

2018-03-30 : ●ブログ記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール


福はそと

Author:福はそと

検索フォーム