福はそと ●ブログ記事
FC2ブログ

実は体に悪い11の習慣

みなさん!こんにちは!
皆さんは何か習慣にしていることはありますか?
毎朝コーヒーを飲む、毎日決まったテレビ番組を見るなど・・・いつの間にか習慣化していることってありますよね
でも場合によってはあまりよくない習慣もあるみたいです
気づかぬうちに心身の健康に害を及ぼしてるかもしれません!


1.洗いすぎる
日本人にとって毎日お風呂に浸かり、シャワーを浴びるのは当たり前の習慣です。
でも毎日ボディソープをしっかりつけてゴシゴシ体を洗っていませんか?
実はシャワーや入浴で皮膚の余分な皮脂や汚れは十分落ちています。
毎日ボディソープでしっかり洗っていると、肌を保護する皮脂膜や保湿成分を失い続け、肌が乾燥して弱くなってしまいます。そして入浴やシャワーは10分程度で十分。
長風呂、長シャワーも必要な皮脂を落としてしまう原因になります。

2.常にメールやメッセージをチェックしている
LINEのメッセージやTwitterやFacebook、InstagramなどのSNSを1日に何回チェックしていますか?
SNSには依存度があることはすでに多くの調査で明らかになっており、メンタルヘルスに悪影響を与えることが指摘されています。SNSやLINEなどのメッセージが来たことを伝える着信音が鳴り続けていませんか?

せめて寝る前の数時間はこのお知らせ機能をオフにして心地よい睡眠を確保しましょう。
さらに仕事中や家族との時間もお知らせ機能をオフにしてみてください。ずっとリラックスできるはずです。

3. 脂肪分を取らない
太るからと脂肪分を一切摂らない食生活を続けていませんか?これは勘違いで、脂肪分を摂ったからといって太るわけではありません。
むしろ脂質は三大栄養素のひとつで、不足すると疲れやすくなり、抵抗力が低下します。
さらに、脂質とともに吸収される脂溶性ビタミン(ビタミンA・D・K)が吸収されにくくなり、ビタミン欠乏になるリスクも

4.日焼け止めの使いすぎ
紫外線が素肌に与える悪影響は多くの人が知っています。
室内にいても紫外線が気になるといって、毎日日焼け止めクリームを塗る人も少なくありません。
しかし、日焼け止めで完全に紫外線をブロックし続けた結果、紫外線に当たることで体内で生成されるビタミンDが欠乏状態になっていることがわかっています。
ビタミンがDが不足すると、小腸や腎臓からのカルシウム吸収が不足し、歯や骨の形成がうまくいかなくなり、骨粗しょう症などの原因となります。

5.お香
日頃から部屋でお香を焚いているという人は多いはず。
香りは心身のリラックスに大きな影響を与えます。
しかし、お香の煙は健康に害を与えることが研究で明らかになっています。お香の煙には、遺伝子を変性させる可能性のある化学物質を含まれているそうです。毎日のように室内でお香を焚いていると、肺ガン、白血病、脳腫瘍の原因となる可能性が指摘されています。お香を焚いた後は、換気を十分に行い、煙を完全に室内から出すようにしましょう。

6.野菜を食べすぎる
ヘルシー志向の高まりで、スムージーやサラダ専門店が人気になり、野菜中心の食生活に切り替えている人も多いはず。
しかし脂質、タンパク質、炭水化物などは体に必要な栄養素で、野菜ばかり食べていると低代謝になり、少し食べても太りやすくなったり、冷え性が悪化したりします。

7.髪を洗った後タオルで包む
長い髪の人の多くは、お風呂上がりに洗髪した髪をタオルで包み水気を切っているでしょう。肩に濡れた髪がかからず楽ですが、実際この習慣は髪の毛を痛め、切れやすくしています。お風呂上がりに髪の毛を絞ってからタオルで優しく水気を切り、空気に晒すかドライヤーで乾かすようにしましょう。

8.エナジードリンクをよく飲む
眠気をこらえて仕事や勉強をしなければならないとき、夜通し遊ぶときなどエナジードリンクのお世話になることがあります。
エナジードリンクに含まれるタウリンやカフェインは覚醒作用があり、集中力を高めてくれるのは周知の事実。
でも習慣的にエナジードリンクを飲むようになると、高血圧になってしまいます。
アメリカで実施された研究によれば、毎日エナジードリンクを2本ずつ飲み続けた実験参加者たちには不整脈と血圧の上昇がみられたそうです。

9.薬を毎日飲む
慢性的な病気を抱える人は、毎日必ず薬を飲まざるをえません。
でも病気でもないのに毎日のように痛み止め薬を飲むのはやめたほうがよさそうです。
胃や肝臓などの内臓器官に負担をかけ続けるだけでなく、精神的にも悪影響を与えることがわかっています。鎮痛剤の成分の一種であるアセトアミノフェンは、肉体的痛みだけでなく精神的な痛みや興奮なども取り去るので、感情が希薄になっていくそうです。

10.りんごの皮をむく
果物や野菜の栄養素の多くは、果肉部分だけでなく、皮にも豊富に含まれることがわかっています。特にりんごは、抗酸化作用、抗炎症作用、抗動脈硬化作用、脳血管疾患の予防などに効果があるとされるクェルセチンと呼ばれるフラボノイドを豊富に含みますが、この栄養素は皮に含まれているのです。よく洗って皮ごといただきましょう。

11.目覚ましの音が爆音
隣人のけたたましい目覚まし時計の音で目を覚ましたことはありませんか?どうしても寝坊したくない日、耳をつんざくような音でアラームをセットする人は多くいます。寝ている間、体は完全にリラックスした状態なので、突然大きな音で眠りを妨げられると、ストレスホルモンのコルチゾールが放出されます。脈拍も一気に上昇し、動悸がすることも。

こんなことが毎日、何週間何ヶ月も続くと、起床時のストレスが慢性化し、リラックスすることができなくなってしまいます。

2019-08-14 : ●ブログ記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

梅雨明けと猛暑のはじまり

みなさん、こんにちは。

今年は例年よりかなり遅い梅雨入りでしたが、梅雨明けも遅いですね
近畿地方では先週ようやく梅雨明けしました。関東・東北はどうやらまだのようです。
梅雨が明けると一気に夏本番。今年も猛暑が予想されます
洗濯物が乾くのは嬉しい反面、熱中症には注意しないといけません。

毎年のように「今年は暑い」と言ってますが、実際は「今年 『も』 『さらに』 暑い」だなと感じます。
夏の気温は1920年代から徐々に上がり始め、1990年代に入ってからは、7月の前半から平均気温が30度を超える日も珍しくなくなっています。
気象庁のホームページで日本の年平均気温偏差を確認すると、2006年以降は「+」にしかなっていません…。。
もちろん世界的にも平均気温が上がっています。

昔と違い、暑さを気合で乗り越える時代ではなくなりました。炎天下での運動を避ける、室内ではエアコンを使うなど、気を付けてください。無理はダメ!ゼッタイ!です。
ただし、本人が無理をしていると気付いていないこともあるので、そのときは周りの方が気付かせてあげてくださいね。
2019-07-29 : ●ブログ記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

祇園祭2019

みなさんこんにちは!

京都の「夏」といえば何を思い浮かべますか?

……

そうですね!!!

「祇園祭ですね!!!

ちなみに本日は「前祭宵山」の日です
そして明日は祇園祭メインの「山鉾巡行」があります!
きっとたくさんの人で賑わうことになるでしょう(^∇^)ノ
お天気の方も心配ですが、一応天気予報では「曇り」だそうです
今年の夏は冷夏で寒い夏と言われていますが、それでも気温は30℃を超えるそうなので山鉾巡行を見に行く方は十分に気をつけてくださいね

さて、その山鉾ですが、みなさんは近くでまじまじと見たことはありますか?
山鉾はひとつひとつがとても美しく、まるで歩く美術館とまで言われています
山鉾を飾る前懸、胴懸や見送などはインドや中国、ペルシャなどで作られたものも多くあり、とても鮮やかです

ゆっくりと目の前を通る山鉾巡行もいいですが、宵々々山や宵々山で山鉾をひとつひとつじっくり見て回るのもとてもオススメです
きっと何か新しい発見があるかと思います


2019.jpg

芦刈山2^


2019-07-16 : ●ブログ記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

怒らないためには?

みなさん、こんにちは。

ちょっとしたことで怒ってしまったり、逆に怒らせてしまったりすることはありませんか。
いけないとわかっているのに怒ってしまう…。そんな時はどうすればいいのか。

調べてみると、必要なのは「心のあり方」とのこと。今回はその考え方を少しご紹介します。


■自分の心のあり方を見直す
自分を客観的にみることが大事です。
思うようにならなくて当たり前。それもまたよし!と考えるようしましょう。

自分は正しく、相手は間違っているという考え方をしない
 価値観は人それぞれ。「~すべき」という考え方ををしないよう心がけましょう。
イラッとしてもすぐに反応しないように心がける
 怒りを抑えるトレーニングを試みましょう。
 心の中で10数える、深呼吸をするなども有用です。
 空を見上げたり花を見たりして、怒りから意識を逸らしてみるのも◎。
ほどほどで満足し、上手に妥協する
 完璧主義を捨て、怒っても無駄なことは上手に諦めるようにしましょう。
「怒り」を紙に書きだす
 紙に書きだすと客観的にとらえることができます。
 このとき、最後はポジティブな言葉で締めるようにしてくださいね。


■自分の生活習慣を見直す
生活習慣を見直して心に余裕をもつことで「怒り」を抑えることができます。
逆に余裕がないとつい怒ってしまうことになるので注意が必要です。

普段から笑顔を心がける
十分な睡眠を確保する
温めのお風呂にゆっくり入る
少量のものをゆっくり食べる(ヤケ食いは厳禁)
朝に「怒らない」と誓う(朝の思考が1日を決めると言います)
”ゆっくり”を心がける
満足しながら生きる
ネガティブ思考をポジティブ思考に変えるようにする


■相手を怒らせないために
自分が怒らないのと同じように、相手を怒らせないことも大切です。
 のことに気を付けてみましょう。

相手の人格を決めつけることは言わない
相手を尊重する気持ちをもつ
頼みごとをするときは相手をほめてからする
言葉遣いに気を付ける
聞き上手になる
売られたケンカは買わない(相手にしない)
争う意識をもたないようにする
人を叱るときは感情的にならないようにする


いかがでしたか?
どれも一度は聞いたことのある事柄ばかりではないでしょうか。
「怒らない」は難しいですが、ゆっくり心のあり方を変えていけたらいいですね。
2019-07-01 : ●ブログ記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

お箸にまつわるトリビア

みなさんこんにちは

我々が食卓で食事をする際に用いるお箸ですが、日本以外にも中国、韓国、ベトナム、タイ…等々、お箸は東アジア地域を中心に広く用いられています
しかし同じお箸でもやはり国が違うとその形状や材質、使い方なども違ってきます
日本は先の細い箸、中国は長い箸、韓国は金属の箸を使っています
ではなぜそのような違いが生まれたのでしょう

中国では昔、竹製のピンセットのようなもので食べ物を掴んでいました
そして箸が使われるようになり、紀元前4世紀ころまでにはかなり普及したようです。
宋朝の10世紀ころに食卓と椅子が中央・西アジアから伝わると、食事を皆で分けながら食べる習慣ができました。
その結果離れたところにある器にも箸を伸ばせるように長く作られています。

日本ではあまり食べ物を分けなかったので、箸の長さは中国の箸に比べて短いものに収まりました。
また箸の動線も自分の目の前の器との往復がメインとなるため、箸は器と人の間に平行に置かれるようになりました。
中国では遠いところまで箸を伸ばすことが多いので使う人の右側に垂直に置かれ、その箸先は食卓の中心部に向かっています。
また日本では焼き魚を食べる時などに骨を取ることが多いため、他の国々に比べ先の細い箸が使われているそうです。


韓国の金属製の箸の中には平たいものが多いですが、材料を節約するためや、置く時に安定するからなどの説があります。
また、なぜ金属製の箸が一般的なのかといいますと、中国では近世まで銀の箸と象牙の箸が富者の象徴でした。
銀の箸は毒に反応して変色する特性があるため、自衛のためとしても使われました。
それが韓国の貴族に7世紀頃に伝わり、一般庶民も真似て金属の箸を使うようになりました。また韓国では焼肉を食べることが多いため、金属製の方が長持ちするからとも考えられています。


普段何気なく使っているお箸にこんな歴史が隠されているとは驚きですね!!
また、中国や韓国などに訪れる際は注意して見るのもいいかもしれませんね

hashi_mochikata_good.png



2019-06-17 : ●ブログ記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール


福はそと

Author:福はそと

検索フォーム