福はそと 夏を爽やかに!
FC2ブログ

夏を爽やかに!

みなさん、こんにちは

今年の夏はとても暑いですね
外に出たらすぐに汗をかいてしまい、お困りの方も多いのではないでしょうか?
汗をたくさんかくと、着ているものも濡れて気持ちが悪いし、ベタベタするのが気になりますよね(ノ_<)

そこで今回は、簡単にできる汗かきを改善する方法をご紹介します
少し意識するだけでも違いますよ♪是非試してみてください(*^^*)


①冷やす場所を間違えない
汗がひどいときに汗を拭いて冷たいもので体温調節、と思われるかもしれません。
冷やすなら効果のある場所があります!それは体のリンパ節の部分です。
首の後ろや鎖骨、脇の下、ヒザ裏、太ももの付け根、手首の内側などがリンパ節のある部分です。
冷やす場所を間違えないようにしましょう。


②飲み物は常温で
体が熱くなるとどうしても冷たいお茶や炭酸飲料などをごくごくと飲みたくなると思います。
ですが、冷たいものは胃を収縮させ、吸収をにぶらせます。
そのため、一時的には体が冷えて汗が引くかもしれませんが、その後は胃が元に戻った反動でかえって汗が出やすい状態になってしまうのです。
そのため、水分補給は常温の飲み物がいいですよ(*≧∪≦)
さらに常温のドリンクは汗になりにくいという特徴があります。


③冷房の温度を下げすぎない
冷房のきいた心地よい温度の室内にいると、外へ出たときとの温度差が大きくなり、かえって汗をかきやすくなります。
外との温度差をできるだけ少なくした方が汗はかきにくくなります。


④ウェットシートを持ち歩く
ハンカチでぬぐっても表面の汗がとれるだけで、次々と汗が溢れてくることになり、根本的な解決にはなりません。
それよりもウェットシートで汗を拭うことで、清涼感と共に汗が引きやすくなります。
首筋や顔、腕など肌が出ている部分だけでも拭うことでかなり汗の引き具合が変わります。


⑤動物性タンパク質の摂取を抑える
食事が焼き肉、しゃぶしゃぶ、バーベキューなど肉中心の食生活だと、体温が上がりやすくなり、汗も出やすくなります。
乳製品や油ものも同様です。
食事は普段から動物性タンパク質を抑えることによって、汗の出を抑え、汗のにおいも軽減することができます。
汗かきの改善には野菜中心の和食が理想の食事です。



⑥香辛料やカフェインは少なめに
唐辛子や香辛料は汗腺を刺激し、汗をかきやすくします。
夏なのに汗が出にくい人にとっては健康的でも、汗かきの人にとっては辛いですね><
また、コーヒやお茶に含まれるカフェインも汗腺を刺激します。
辛いものや刺激の強い飲み物はほどほどにしましょう!


⑦入浴はぬるめのお湯にゆっくりと
暑い日にはシャワーだけでさっさと済ませてしまいたいものですが、汗かき対策には浴槽にお湯を張って入浴した方が効果的です。
それもぬるめのお湯に半身浴がオススメですよ♪
お湯につかってじっくりと汗を流すことで代謝が良くなり、日中汗をかきにくい体になります。
雑誌などを持ち込んでのぼせない程度にゆっくりとお風呂タイムを楽しみましょう。



nyudougumo.png

2016-08-09 : ●ブログ記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール


福はそと

Author:福はそと

検索フォーム