福はそと 睡眠の秋
FC2ブログ

睡眠の秋

みなさん、こんにちは

前回のお話したように、秋は“睡眠の秋”とも呼ばれるようにとても眠たい季節です。
みなさんは眠っているときに夢は見ていますか?

最近、よく夢を見てしまうという方は、「脳が疲れてストレスを抱えている」のかもしれません。

睡眠にはリズムがあって「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」があります。
レム睡眠とは「体は休息しているが脳は覚醒している眠りが浅い状態」です。
一方、ノンレム睡眠は「脳も体も休息している眠りが深い状態」です。

夢を見るときは浅い眠りである「レム睡眠」の時です。
「最近、なんだか眠りが浅い」という方は「レム睡眠」が長くなっていて、
「脳が休めていない」ということなんです(ノ_<)

夢を見ないで快眠できるようになる3つの方法をお教えします!

1、大豆たんぱく質を多めの食事を心がける。
大豆製品を多めにとるようにしましょう。
1日に納豆2パックほど、もしくは豆腐を1丁ほど食べるといいですよ。
寝る前に食べる必要はなく、朝食や夕食に食べるだけで大丈夫。

なぜ大豆を食べると快眠につながるかというと、大豆には「トリプトファン」という成分が入っていて、これを摂ると「メラトニン」という成長ホルモンに変化します。
このメラトニンは、夜になるにつれて自然な眠りを誘う作用があり「睡眠ホルモン」とも呼ばれていて、深い眠りにつくノンレム睡眠の働きを助けてくれます♪

2、「にんにく」と「きのこ」を多めに食べることを心がける!
にんにくは「ビタミンB6」をたくさん含んでいます。
ビタミンB6は「メラトニンの働きを助ける」という効果があるんです。
にんにくを夕飯と一緒に1片たべるだけで深い眠りになりやすくなるので、ぜひ、食べてみてください!

また、きのこの中でも、不眠に効果的なきのこは
エリンギ、まいたけ、ひらたけ、なめたけなどです。
これらのきのこには、ビタミンB3(ナイアシン)が多く含まれています。

大豆の栄養「メラトニン」、にんにくの「ビタミンB6」、きのこ類の「ビタミンB3」
この3つの栄養素が不足すると脳内物質の生成に悪影響を及ぼし、悪夢を見やすくなります

3、ストレスを溜めないで生活習慣を見直す
ストレスの解消が先決です!
趣味に打ち込む時間を作ったり美味しいものを食べたり…自分なりのストレス解消法を見つけてください。
規則正しい生活を送ることも重要です。
適度な運動で体を動かしバランスの良い食事を摂り、早寝早起きを心がけましょう。

いかがでしたか?眠りが浅い状態が続くと体が休息できないので体調不良、悪夢、金縛りの原因にもなってしまいます(;_;)
栄養をしっかりとって規則正しい生活を送るよう心掛け、元気に過ごしましょう
2016-09-29 : ●ブログ記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール


福はそと

Author:福はそと

検索フォーム