福はそと 話し上手になりましょう
FC2ブログ

話し上手になりましょう

みなさん、こんにちは

みなさんは話し上手ですか?それとも聞き上手ですか?
話し上手な人は多くの人から好印象を持たれることが多いと言われています。
話し上手な人の特徴や有効な方法を参考にして、話し上手な人になりましょう

では、一般的に話し上手な人の特徴とはどんなものでしょうか…

◎声のトーンやスピードを調節している
◎常に笑顔を忘れない
◎さりげなく人を褒めることができる
◎話のオチをしっかりと用意している
◎会話の引き出しをたくさん持っている
◎会話を楽しむことが出来る
◎話の入り方や終わり方をしっかりと考えている
◎相手の状況や個人に合わせた会話ができる

簡単なようで意外と難しかったりしますよね(ノ_<)
ここで、話し上手になるための有効な方法をご紹介♪


「ど」の法則を上手に活用する
相手との会話の中で何を話していいかわからなくなってしまった時には「ど」の法則を活用してみてください。「ど」の法則は、会話の初めに「ど」を活用するようにすることだそうです。
「どうして?」「どこで?」「どんな?」というような「ど」を上手に活用することで、より詳しい話を聞くことができるようになるそうですよ!ただいきなり質問攻めをしてしまうことで、警戒されてしまう可能性があるので、質問をする前には「今日は◯◯にいったんだー。あなたはどこに行ってたの?」などのように自分からも情報を発信するようにしてみてください。
そうすることでより会話を弾ませていくことができると考えられています。


②相手の左目を見ながら会話をする
会話をするときに、相手の目をしっかりと見つめるようにすることで、緊張してしまうこともあるかと思います。反対に全く相手を見ない状態では、相手に不快な思いをさせてしまいますよね。相手の目を見て話すことが苦手な人は、相手の左目を見るように心がけるようにしましょう。

この時に両目で見るのではなく、自分の左目で見るようにすることが大切だと言われています。左目は右脳と繋がっているそうです。右脳は感覚やフィーリングを感じている部分となっているので、お互いのやり取りをより感じの良いものにすることができると考えられています。

鼻呼吸をしながら会話をするようにする
会話をすることが苦手な人は、話の内容に困ってしまった時に「あー」「えーと」と言うように言葉が詰まってしまう人もいるかと思います。これでは会話のテンポが悪くなってしまいますよね><
これは、口呼吸が原因のようです。口呼吸をすることで、「あー」「えーと」などの言葉が出やすくなると考えられています。

このことから、会話を行う際に意識的に鼻呼吸をするようになることで無駄な言葉が出にくくなり、テンポよく会話をすることができるようになると言われています。初めのうちは、しっかりと意識をすることが大切ですよ!

④質問に対しては2つの回答をする
相手から質問をされた時に、「そうだよね」「うん」と言うような回答をすることで、会話を膨らませることができなくなってしまいますよね。
そうならないためにも「そうだよね。◯◯だよねー。」と言うように続けて会話ができるように2つの回答を行うようにしましょう。
そうすることで、相手もさらに会話を膨らませやすくなるため楽しい会話ができるようになると考えられていますよ!
難しく考える必要はありません。会話の流れの中で自分が思ったことを言葉にしてみましょう


話し上手になることで、自分が伝えたい事をしっかりと相手に伝えることができるようになると言われています
慣れるまでは少し大変ですが、少しずつ会話の中に取り入れてみてくださいね(*≧∪≦)

2016-10-06 : ●ブログ記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール


福はそと

Author:福はそと

検索フォーム