福はそと ハロウィン
FC2ブログ

ハロウィン

みなさんこんにちは
今日は『ハロウィン』ですね
街には仮装する人やジャック・オ・ランタンの装飾など日本でもハロウィンを楽しむ人が増えてきましたね

『ハロウィン』と聞くと海外のお祭りかなにかと思う人も多いとは思いますが、その歴史を遡ると約2000年以上前に古代ケルト人達のドルイド教という信仰では、11月1日のサウィン祭から、新しい1年が始まると考えられていました。
そしてこの新しい年は、前日の日没から始まると考えられていたため、11月1日の前の日である10月31日の夜から祭りは始まります。
ケルト人は、1年の終わりである10月31日の夜は、死者の霊が家族を訪ねてくると信じていました。
しかし、それと同時に悪い魔女や精霊が出てくると信じていたため、身を守るために仮面を被ったり、魔除けのためにかがり火を焚いたりしました。
その後、キリスト教が伝来し、これを取り入れて今のハロウィンになったのです。
本来は秋の収穫祭であったり、悪霊を祓う宗教的な行事でした

そしてハロウィンといえば、仮装した子供達が「トリック オア トリート!(何かくれないといたずらするぞ!)」と言いながら、家々を回ってお菓子を集めるのが有名ですよね。
この習慣の由来は色々とありますが、古代ケルトのサウィン祭では、町を徘徊する悪い霊が家に入らないようにするため、家の外に食べ物とワインを供えて、家の中に入ってこないようにしたことが由来だと言われています。

また、『ハロウィン』ではお馴染みのかぼちゃのお化け(ジャック・オ・ランタン)ですが大昔はかぼちゃではなカブを使って作っていたそうです
このジャック・オ・ランタンとは「ランタンを持つ男」という意味があり、悪霊を寄せ付けない魔除けの意味として家々の玄関などに飾り付けられます
ジャック・オ・ランタンが悪霊を寄せ付けないとされているのは、ヨーロッパの島国・アイルランドでの古い伝承が由来になっていると言われています。
★ジャック・オ・ランタンの由来となったお話★
その昔、ジャックという名の口は巧いが卑怯で普段から行いの悪い鍛冶屋の男がいた。
怠け者だがズル賢いジャックは、十字架を使って悪魔を罠に仕掛け、自分を地獄に落とさないと約束するまで罠の中に閉じ込めた。
悪魔はやむなく約束し、ジャックは死んでも地獄へ落ちない身となった。
そうして死んだジャックは「死者の門」へ着いたのだが、そこで聖ペテロという死者を天国か地獄へ行くか見定める者を得意の話術で騙して生き返った。
しかし、生き返った後も生前の行いを全く反省せずに最悪な男のままだった。
そのため、再び死んで死者の門を訪れた時に聖ペテロから「お前は天国へ行くことも、地獄へ行くこと出来ない」と言われ、暗い闇の中を漂う事になりました。
そんなジャックを見て哀れんだ悪魔が地獄の劫火(ごうか)から赤々と燃える石炭を一つ取り、ジャックに明かりとして渡しました。
その明かりをカブに入れてランタンの代わりにし、ジャックは今でも暗闇を一人で歩き続けている。
それが「ジャックの提灯」と呼ばれ、その明かりは夜中に不思議な光として現世で目撃されると、哀れなジャックの話に倣って「ジャック・オー・ランタン」となったのです。


以上がジャック・オ・ランタンの由来ですが、ジャック・オ・ランタンの伝承には諸説あり、内容がところどころ違っていたりもします。

日本では宗教的な意味合いよりも、イベントの一つとして「祝う」というよりも「楽しむ」という要素が大きいです。
しかし、ハロウィンのルーツを知ることで、楽しみ方が変わるのではないでしょうか

本部も今日はハロウィン仕様に模様替えです
IMG_0069.jpg

IMG_0070.jpg


2016-10-31 : ●ブログ記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール


福はそと

Author:福はそと

検索フォーム