福はそと 台風の名前
FC2ブログ

台風の名前

みなさん、こんにちは!

3連休はどのように過ごされましたか?
地域によっては、台風18号の影響でお天気が優れずお出かけができなかった方もいるのではないでしょうか
この時期は台風が発生しやすいので、今後も注意が必要ですね

では、本日はそんな台風の豆知識をご紹介したいと思います!

みなさんは、台風には名前が付けられていて、その名前の付け方には法則があるのをご存知ですか?( ‘o’)

気象庁では毎年1月1日以後、最も早く発生した台風を第1号とし、以後台風の発生順に番号をつけています。なお、一度発生した台風が衰えて「熱帯低気圧」になった後で再び発達して台風になった場合は同じ番号を付けます。

 台風には従来、米国が英語名(人名)を付けていましたが、北西太平洋または南シナ海で発生する台風防災に関する各国の政府間組織である台風委員会(日本含む14カ国等が加盟)は、平成12年(2000年)から、北西太平洋または南シナ海の領域で発生する台風には同領域内で用いられている固有の名前(加盟国などが提案した名前)を付けることになりました。

 平成12年の台風第1号にカンボジアで「象」を意味する「ダムレイ」の名前が付けられ、以後、発生順にあらかじめ用意された140個の名前を順番に用いて、その後再び「ダムレイ」に戻ります。台風の年間発生数の平年値は25.6個ですので、おおむね5年間で台風の名前が一巡することになります。

 なお、台風の名前は繰り返して使用されますが、大きな災害をもたらした台風などは、台風委員会加盟国からの要請を受けて、その名前を以後の台風に使用しないように変更することがあります。

 今回日本列島を縦断した台風18号の名前は「TALIM(タリム)」
これはフィリピン語で『鋭い刃先』という意味で、用意された140個の名前のうち、136個目にあたります。またしばらくすれば1番目のダムレイに戻る、という訳ですね(っ^ω^)っ
日本からは星座の名前が採用されており、ウサギ座から「ウサギ」、ハト座から「ハト」という名前がつくこともあるそうです

他にも様々な国の言葉が使われていますので、気になる方は是非調べてみてくださいね
2017-09-19 : ●ブログ記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール


福はそと

Author:福はそと

検索フォーム