福はそと 節分の日
FC2ブログ

節分の日

みなさん、こんにちは!

2018年ももう1ヶ月が過ぎ、あっという間に2月が始まりますね
2月に入るとすぐに「節分の日」がやってきます!
みなさんのおうちでは、「鬼はそと、福はうち」という掛け声と共に豆まきをしていますか?

今日は、「節分の日」と「豆まき」を詳しくご紹介いたします!

節分とは本来、「季節を分ける」つまりは「季節の変わり目」のことを意味しています。
季節が移り変わる「節日」を指し「立春・立夏・立秋・立冬」とそれぞれの前日を指すもので、1年に4回あったのです。
そのなかでも、厳しい冬の季節を乗り越えた後の「立春」は、1年の始まりとして特に尊ばれ、旧暦では、立春の頃に新年のはじまりである元日がやってきていたため、次第に「節分」といえば、「立春」の前日のみを指すようになりました。

昔は、季節の分かれ目には「邪気」が入りやすいと考えられており、なかでも重要なのが「年の分かれ目」でした。
古代中国では、現在の大晦日にあたる節分には、旧年の厄や災難を祓い清める「追儺(ついな)」(※鬼の面をかぶった人を弓矢で追い払う儀式)」、「鬼遣(おにやらい)」という鬼を追い払う邪気払いの行事が行われていました。

これが奈良時代に日本に伝わり、平安時代に宮中行事として取り入れられました。
この宮中行事の「追儺」と邪気を祓うために春夏秋冬の節分に行われていた行事の「豆打ち」という儀式が合わさったものが「豆まき」の由来とされています。
現在のような「豆まき」の行事になるのは室町時代で、庶民にも広まったのは江戸時代のことです。

ほかにも、節分のならわしとして、ヒイラギの枝に刺したイワシの頭を玄関に立てておくものや、「恵方巻き」などがあります。
玄関にイワシの頭を立てるのは、ヒイラギのトゲが鬼の目を指し、イワシの悪臭が鬼を追い払うとされています。


◎正しい豆まきのやり方
節分の豆まきは季節の節目に無病息災を願い行うものですので、いくつかのしきたりがあります。

・豆は炒った豆を使う
炒り豆を使用するのは、節分は旧年の災厄を負って払い捨てられるものであるため、撒いた豆から芽が出ては縁起が悪いため、必ず炒った豆を使用します。
節分用に市販されている大豆は炒ったものがほとんどです。

・豆まきは夜に行う
夜に行う理由は、鬼は夜にやってくるとされていたためです。

・豆をまくのは一家の主人または年男年女厄年の人
本来、豆をまくのはその家を預かる家長の役目で、一家の主人がまきます。

また、その年の年男年女や厄年の人がいる場合は、その人がまくのが良いとされています。これは、その年の干支に生まれた人は縁起が良く、邪気を払う効果も強いとされていることからです。

尚、厄年の人の場合は、厄払いのために豆まきを行うとよいとされているためです。

・掛け声をかけながら豆をまく
鬼を追い払うために豆をまいても、戸が閉まっていると鬼が外に出て行ってくれませんので、家の玄関や窓を開けて「鬼は外!」と豆を撒き、鬼が戻らないようすぐに戸や窓を閉めてから、「福は内!」と部屋の中に撒きます。
鬼を追い出すように、置くの部屋からはじめ最後は玄関まで撒くようにします。(※地域によって掛け声や撒く順番など撒き方も変わります)

・最後に豆を食べる
豆まきが終わったらそのまいた豆を、1年の厄除けを願いながら、自分の年齢よりも1個多く豆を食べます。(※数え年の分だけ)
また、豆には食べると「健康(まめ)になる」という意味もあります。

1年の無病息災を願って、是非皆さんご家族でチャレンジしてみてくださいね(*≧∪≦)
setsubun_mamemaki.png

2018-01-30 : ●ブログ記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール


福はそと

Author:福はそと

検索フォーム