福はそと 気候の変化による頭痛にご注意を!
FC2ブログ

気候の変化による頭痛にご注意を!

みなさん、こんにちは!

もうすぐ、待ちに待ったゴールデンウィークですね。
予定が決まっていらっしゃる方も、これから予定を立てるという方も、素敵なゴールデンウィークが過ごせますように、体調管理にご注意いただきたいところですが、最近急に暑くなったり涼しくなったりと、気温や気圧の変化が激しいですよね。

そこで今日は、『気温や気圧の変化による頭痛』についてお話をさせていただきたいと思います。

私自身どうやらそういった気候の変化に弱いらしく、最近ちょこちょこ片頭痛に悩まされております。
頭痛は、慢性的に起こる『片頭痛』や『緊張型頭痛』などの一次性頭痛と、『くも膜下出血』や『脳腫瘍』が疑われる二次性頭痛といった、大きくは二つに分けられているようです。

その中でも『片頭痛』は季節の変わり目に頻繁に起こりやすく、主にこめかみから目のあたりが脈打つようにズキンズキンと痛み、月に1~2回や週に1~2回の頻度で発作的に起こることが特徴です。
痛みだすと4時間から、長くなるときは2~3日続き、ひどいときには寝込んでしまったり、仕事に手がつかなくなるなど、日常生活に支障をきたすこともあります。また吐き気や嘔吐を伴うこともあり、光や音、においに対して過敏になり、痛み以外の症状があらわれることもあります。

頭痛の主な要因としては、長時間の同じ姿勢の作業や蛍光灯などの明るい光や騒音、香水の匂いなどの刺激などが挙げられます。また熱いシャワーを浴びたり、身体を冷やしたりといった温度差にも注意が必要です。いつもより多く眠ったり、いつも摂っている朝食を抜いたりすると血糖値が低下し、血管の拡張が進んでしまうので、生活リズムを一定に保つことも大切です。

また食べ物は血管や筋肉、神経などの緊張と弛緩のバランスを保つマグネシウムやビタミンB2を含む、ひじき、アーモンド、豚肉、牛乳などがオススメです。逆に、ポリフェノールやチラミンといったものを含む、チョコレート、チーズ、みかんなどの柑橘類は血管の拡張や血行を良くする働きがあるため、過剰な摂取は控えましょう。

もし片頭痛が起きたときは、痛む部分に冷やしたタオルや保冷剤を押し当てたり、指で軽く圧迫すると痛みがやわらぎますよ。
また、照明を消した静かな部屋で横になるのも良い対処法です。

せっかくの長期休みです。
頭痛などに悩まされずに、活き活きと充実したGWにしましょう!ヾ(o´∀`o)ノ
2018-04-24 : ●ブログ記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール


福はそと

Author:福はそと

検索フォーム