福はそと 熱中症に要注意!
FC2ブログ

熱中症に要注意!

みなさん、こんにちは

暑い日が続いていますが、体調は崩していませんか?
暑いので外出せずに涼しい室内で過ごす方も多いのではないでしょうか。
8月、9月はまだまだ暑いので、室内にいるからといって油断してはいけません
近年よく耳にするようになった熱中症…実は室内でも発症することがあるんです!
室内でも熱気や湿気がこもりやすいところは要注意ですよ!

例えば、家の中のお風呂場、洗面所は洗濯機や乾燥機の熱がこもりやすく湿気もあります。また、家の二階(最上階)は昼間に上がった気温や湿度により熱がこもっています。二階(最上階)に寝室がある場合は、窓を開ける、冷房をつけるなどして環境を整えるようにしましょう。

◎入浴後の脱水に注意
入浴により約800mlの水分が失われてしまいます。(41℃の風呂に15分入浴後30分安静時)脱水により熱中症を引き起こす危険性がありますので、入浴前後の水分補給が重要です。

◎気付かない内に脱水していることも
人間は発汗以外にも皮膚及び呼気から水分を失っています。(体重60kgの人が平熱、室温28℃の環境で1日に約900ml。体温が1度上昇すると約15%増加すると言われています。)これは、意識しなくても起こることですので、汗をかいていなくても水分補給は必要となります。


◎室内でもこまめな水分補給が必要
室内だとのどの渇きを感じにくくなったりすることもあります。喉が渇いたと感じていなくても、こまめな水分補給を心がけましょう。とくに、高齢者はトイレの回数を気にし、水分摂取を控えてしまうこともあるので、積極的な対応が必要です。


◎睡眠不足や寝汗も影響する
寝ている間にも汗をかいており、一晩でコップ一杯分もの水分が身体から失われています。また、暑さのため眠れないと体力が奪われますし、睡眠不足自体も熱中症のリスクになります。

◎お茶やビールでは水分補給にはなりません
お茶やアルコールには利尿作用があり、身体の中の水分を外に出してしまうため、水分の補給に適していません。また、汗には塩分(ナトリウム)などの電解質(イオン)が多く含まれているため、水だけ補給しても熱中症の予防にはなりません。0.1%~0.2%の食塩水やイオン飲料、経口補水液を摂るようにしましょう。ポカリスエットがおすすめですよ

熱中症に気を付けて、暑さに負けない楽しい夏にしましょう!(* ´ ▽ ` *)

natsubate_penguin_201808021144458a9.png
2018-08-02 : ●ブログ記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール


福はそと

Author:福はそと

検索フォーム