福はそと 一日一善
FC2ブログ

一日一善

みなさん、こんにちは!

11月も後半にさしかかり、もうすぐ今年も終わりが見えてきましたね。
みなさんは、やり残したことはありませんか?
何か始めたいと思ったら、今からでも遅くありませんよ(`・ω・´)

例えば…
一日一善

という言葉を、みなさん一度は耳にしたことがあると思います
「一日一つは善い事をしましょう」
ということですが、いいことをするって具体的にどういうことを指すのかよくわかりませんよね。
その答えを知るには「一日一善」の由来を知らなければなりません。

元は仏教に起因する用語で、お釈迦様は善い行いについて6つにまとめています。
それが「六度万行(ろくどまんぎょう)」と言われる教えです。

万行の行とは、「善い行い」ということで、万行とは「沢山の善い行い」を意味します。
その沢山の善い行いを6つにまとめたものが「六度万行」です。


▼六度万行
布施(ふせ)…親切
持戒(じかい)…言行一致
忍辱(にんにく)…忍耐
精進(しょうじん)…努力
禅定(ぜんじょう)…反省
智恵(ちえ)…修養

*布施
施しをするということ。今の言葉で言うと親切をするという意味。
困っている人がいたら、お金や物などの施しをして助けてあげる、親切をしてあげる事をいいます。

*持戒
言行一致という意味で、言う事と行う事を一致させる、もっと身近な言葉で言うと、約束を守るということ。

*忍辱
忍耐をするということ。
つい嫌な事があると、カッなって、怒ってしまいがちですが、怒りを外に出すと、周りの人も苦しめ、自分も苦しめる事になります。
それをぐっとこらえて忍耐する、これは大変よい行いであると教えられています。

*精進
精進は、精を出して進むということで、努力をするということ。

*禅定
心を禅(しず)め、定めるということで、反省をするということ。

*智恵
修養(人格を高めること)ということですが、これは六度万行をまとめたもので、常に心がけて六度万行を実行していくということです。

お釈迦様は、これらのどれか一つを常に心がけて実行していけば、あとの5つも含めて6つ全部やった事になると説いていたそうです。
自分の心にあった一つから実行してゆけば、それに応じて必ず善い結果が返って来ると教えられているんですね(*ノ∪`*)

何かを始めたいと思ったら、まずは一日一善を心がけてみるのはいかがでしょうか?
その一善を手帳に記していくのもおすすめですよ
みなさんにいいことがありますように+.(*'v`*)+
2018-11-20 : ●ブログ記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール


福はそと

Author:福はそと

検索フォーム