福はそと お箸にまつわるトリビア
FC2ブログ

お箸にまつわるトリビア

みなさんこんにちは

我々が食卓で食事をする際に用いるお箸ですが、日本以外にも中国、韓国、ベトナム、タイ…等々、お箸は東アジア地域を中心に広く用いられています
しかし同じお箸でもやはり国が違うとその形状や材質、使い方なども違ってきます
日本は先の細い箸、中国は長い箸、韓国は金属の箸を使っています
ではなぜそのような違いが生まれたのでしょう

中国では昔、竹製のピンセットのようなもので食べ物を掴んでいました
そして箸が使われるようになり、紀元前4世紀ころまでにはかなり普及したようです。
宋朝の10世紀ころに食卓と椅子が中央・西アジアから伝わると、食事を皆で分けながら食べる習慣ができました。
その結果離れたところにある器にも箸を伸ばせるように長く作られています。

日本ではあまり食べ物を分けなかったので、箸の長さは中国の箸に比べて短いものに収まりました。
また箸の動線も自分の目の前の器との往復がメインとなるため、箸は器と人の間に平行に置かれるようになりました。
中国では遠いところまで箸を伸ばすことが多いので使う人の右側に垂直に置かれ、その箸先は食卓の中心部に向かっています。
また日本では焼き魚を食べる時などに骨を取ることが多いため、他の国々に比べ先の細い箸が使われているそうです。


韓国の金属製の箸の中には平たいものが多いですが、材料を節約するためや、置く時に安定するからなどの説があります。
また、なぜ金属製の箸が一般的なのかといいますと、中国では近世まで銀の箸と象牙の箸が富者の象徴でした。
銀の箸は毒に反応して変色する特性があるため、自衛のためとしても使われました。
それが韓国の貴族に7世紀頃に伝わり、一般庶民も真似て金属の箸を使うようになりました。また韓国では焼肉を食べることが多いため、金属製の方が長持ちするからとも考えられています。


普段何気なく使っているお箸にこんな歴史が隠されているとは驚きですね!!
また、中国や韓国などに訪れる際は注意して見るのもいいかもしれませんね

hashi_mochikata_good.png



2019-06-17 : ●ブログ記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール


福はそと

Author:福はそと

検索フォーム