福はそと 頭の洗い方を見直してみる
FC2ブログ

頭の洗い方を見直してみる

みなさん、こんにちは。

春は花粉やら埃が髪にくっついて、家に帰るとすぐに落としたくなりますよね。
ところが、お風呂に入って頭を洗っても、洗い方次第でにおいや吹き出物ができたりしまうことも。
今日はこの「頭の洗い方」を見直してみたいと思います。

①髪を濡らす前にもつれを梳いておく
濡れるとより絡まりやすくなるので、あらかじめもつれないようにしておきましょう。

②髪と頭皮を十分に濡らす
髪の汚れの約90%はお湯で落ちます。
シャンプー前に十分にシャワーで流すようにしましょう。

③シャンプーをする
4本の指の腹を下から上に少しずつジグザグに動かしながら頭皮をしっかりマッサージしていきます。
すすぎは、頭皮や髪にヌルつきがなくなるまで、ていねいに。
※耳の後ろ~襟足、生え際は洗い残しやすすぎ残しが多いので意識して洗いましょう
※髪の毛同士をこすり合わせるのはNGです

④トリートメントをする
軽く水気を取って毛先から髪全体まんべんなくなじませ、手グシで毛流れを整えながら行き渡らせます。
髪の表面を保護するためのものなので、頭皮につける必要はありません。
指の腹で地肌からすすぎ始め、髪は指を通しながら十分にすすぎます。
シャンプー同様、ぬめりがなくなるまで完全に洗い流しましょう。
すすぎ残しは毛穴の詰まりや肌荒れの原因になることもあります。首や背中もしっかり洗いましょう。

⑤タオルドライをする
耳下部分の髪をタオルで包みこむようにしてやさしくたたき、したたり落ちる水気を取ります。
タオルをかぶり、指の腹で頭皮の水分をふき取ります。
※根元部分の水分をしっかりふき取ると、効率よく乾かせます

⑥ドライヤーで乾かす
髪をかき上げながら、乾きにくい内側、根元にしっかりドライヤーの温風を当て全体を乾かします。
全体が粗方乾いたら髪を軽く引っ張りながら、根元から毛先に向かって温風を当て、最後に同じ要領で冷風を当てます。

しっかり洗って乾かして頭皮や髪を守りつつ花粉や埃を撃破しましょう!(*・`ω´・)ゞ

furoagari_man.png
2020-03-16 : ●ブログ記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール


福はそと

Author:福はそと

検索フォーム