福はそと 紫外線カット!日焼け止めと塗り方
FC2ブログ

紫外線カット!日焼け止めと塗り方

みなさん、こんにちは。もうすっかり夏ですね
今回は夏には欠かせない日焼け止めの塗り方をご紹介します。

日焼け止めについて
紫外線には「UVA」「UVB」「UVC」の3種類があります。
「UVC」は通常オゾン層に吸収されて地上まで届くことがありません。
日焼け止めは、肌に悪影響を及ぼす「UVA(紫外線A波)」「UVB(紫外線B波」を防ぐ働きをしています。

『UVA』
肌の奥にある真皮(しんぴ)まで到達し、真皮にあるコラーゲンやエラスチンを破壊します。しわ、たるみなど老化の原因になります。
PA
 表記の後の+の数が増えるにつれ、防止効果が高いことを表しています。
 +マークの最高値は4つですが、屋外レジャーでは小まめに塗りなおすことが重要。

『UVB』
主に表皮を赤くさせ、炎症を起こします。
日焼けをして肌が黒くなったり、肌にシミ、そばかすができたりする原因となります。
SPF
 紫外線にあたると焼けてしまうまでの時間をどれだけ引き延ばせるかを表しています。
 表記の後の数字が大きいほど時間が引き延ばせます。

日焼け止めに含まれる添加物(紫外線防御効果がある)には2種類あります。

【紫外線吸収剤】
 一度肌に紫外線を吸収して化学的作用で熱エネルギーに変え放出をします。
 この効果により、肌内部に紫外線が侵入するのを防いでくれます。
  屋外の長時間レジャーにおすすめ。(※ただし肌への負担は大)

【紫外線散乱剤】
 肌表面で紫外線を反射・散乱をさせて紫外線の影響を防ぎます。
  普段使いにおすすめ。(※肌への負担は小。屋外では小まめに塗りなおしが必要)


塗り方
日焼け止めは肌に馴染むまで15分程かかると言われているため、外出の15〜30分前には塗っておきましょう。
汗をかいたり、タオルで拭いた後以外にも、2~3時間おきに塗り直しが必要です。
顔に塗り直す時は、ティッシュなどで軽くおさえてから塗るのがコツです。


 ①日焼け止めに記載されている規定の量を手にとります。
 ②少量ずつ分けて点おきし、指で顔全体に広げます。
 ③肌になじんだら、もう一度①~②をして重ね塗りします。


 少量ずつ分けて点おきし、下から上に向かってなじませます。
 ※耳後ろまでしっかりと塗りましょう

腕と足
 肌に直接出し、まんべんなくたっぷりとのせ、ムラなくじませます。


自分に適した日焼け止めで今年も日焼け予防をしましょう!。ヾ(o´∀`o)ノ

hiyakedome.png

2020-07-20 : ●ブログ記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール


福はそと

Author:福はそと

検索フォーム